日常と映画と

映画も日常も、なくてはならないものです。

作文「お父さんに伝えたいことがあります。」

今週のお題「おとうさん」

 

わたしのお父さんは、なんでも直してくれます。

 

一番ありがたいのは自転車です。小学校の頃から乗っている自転車は十数年たった今でも乗ることができます。それはお父さんがメンテナンスをしてくれるからです。食事の時間に「自転車がキーキー鳴る」「鍵のところがうまく動かない」などと、わたしは勝手ながら口にしてみると、「おう、そしたら直しといたるわ」と必ず返事があります。それでなくても休みの日に、お父さんが空気を入れたり、オイルを差したりしてくれるおかげで、わたしはすいすい自転車に乗れちゃっています。

 

ありがとう、お父さん。

 

わたしのお父さんは、車に乗せてくれます。

 

家からだと駅がすこし遠いので送ってくれたり迎えにきてくれたりします。わたしやお母さんやお姉ちゃんが「〇〇に行きたい」と言えば「分かった、何時くらいに出るんや」とすぐに答えてくれます。また、わたしは高校生のときにめまいがして歩くことが難しくなりました。平日は母が付き添って歩いて電車に乗って、土曜はお父さんがお母さんを乗せて迎えにきてくれました。近所のおじちゃんも送り迎えをしてくださったことがあります。お母さん、お父さん、みなさん。本当にありがとう。

 

あ、お父さん以外の人にもお礼を言っちゃってお題から離れちゃったけど、たくさんの人に「ありがとう」を言えることはいいことなので、このままにしておきます。

 

ありがとう。

 

わたしのお父さんは、いてくれてありがたいです。

 

不器用なところや人付き合いが苦手なところがあるけれど、いつも誰かのことを想っています。不満をもらさず淡々としているけれど、テレビのクイズ番組に答えるところとかなんだかおもしろいです。不満をもらさず、すぐに何でもやるところはわたしは難しいので、お父さんのことを見習おうと思います。お父さんの娘でよかった。だんだん歳もとってきたし、あまり無理はしないでね。

 

いつもありがとう、お父さん。