日常と映画と

映画も日常も、なくてはならないものです。

雨、たのしんじゃってる?

今週のお題「雨の日の楽しみ方」


わたしは雨の音を楽しみます。家にいるときはいつも雨の音に耳をすませています。最近気づいたのは、降り始めのときは「からから」と「さらさら」が混じっていて「かさらかさら」に聞こえました。日によってちがう気がします。今日はどんな音かを言葉で表現すると楽しそうです。






外出中は傘を変えて楽しみます。今日の傘、このあいだの傘。色のちがう傘を持ちます。傘を差したなかからちょっとだけみえる世界の色が変わってみえます。そうすると気分がちがいます。今は、薄めのグレー、ちょっぴり白っぽさの濃いグレーのものがお気に入りです。すこしだけ世界が明るくみえます。





あとは水たまりのかたちです。映画『台北暮色』(2017年、監督:ホアン・シー)で水たまりのシーンをみてから、水たまりを気にするようになりました。この前歩いていると「立ち入り禁止」の看板に手を広げた人の絵がのっていたのですが、その立ち入ってはいけない場所の水たまりが、まさにその絵の人のかたちとおなじだったのです。雲とおなじように、水たまりのかたちが何にみえたか考えます。





けっこう、わたしは雨の日、たのしんじゃってるみたいです。