ちょっとそこまで映画を観に行って

映画を観た感想・レビューを書きます。日常から少し離れて、でも気軽に観に行ける映画はいいもんです。

骨に同じ(映画「禅と骨」より)

 

激動の人生とは彼のことだ。実在した人間の一生涯を鮮烈に突きつけてくる。

 

アメリカ人の父と日本人の母をもつ、嵐山の天龍寺の禅僧ヘンリ・ミトワ。彼は1918年に横浜で生まれた。戦時中、肌の色からスパイではないかと警察に目をつけられ、父に会いに行くと渡米した先では日系人強制収容所に入ることになる。

 

日本とアメリカのはざまに生きたヘンリ。彼自身が翻弄された人生を送ったかといえばそうじゃない。この上ないくらいに好き勝手に彼は生きたのだ。

 

アメリカで所帯を持ったかと思うと、帰国して茶道を志す。日本に家族を呼び寄せて、天龍寺の禅僧となった。陶芸や文筆など「何でも屋」と自身を指すほどに、いろいろな活動に精力的に取り組む。

 

その中でもひときわ情熱を注いだのが映画である。御年80歳を前に「赤い靴をはいてた女の子」を原作とした映画をつくりたいと言ったのだ。それは映画に母への想いを込めよう思ったからではないかと知人は振り返る。

 

母を残し渡米して、生活が落ち着いても帰国することなく手紙でやり取りをする。そして再会できたのは母の墓前だった。生きて会うことができなかった母への強い想いが、ヘンリを映画製作に向かわせる。

 

個人的にはヘンリの家族の、彼に対するまなざしが印象的だった。生活費は妻に頼りっきりの時期もあり浮気もし、自由な父親に困惑する子どもたち。さまざまな葛藤があるなかでも、ヘンリのことを家族みんなが受け止めていた。家族のきずなを見たように思う。

 

そんな彼も骨になれば全部同じ、みんな同じ白い欠片になるだけ。そう思えば一度きりの人生、思うがまま生きてみてもいいのかもしれない。

 

 

禅と骨

2016/日/127分/監督:中村高寛/出演:ヘンリ・ミトワ、【ドラマパート】ウエンツ瑛士余貴美子、【ナレーション】仲村トオル