ちょっとそこまで映画を観に行って

映画を観た感想・レビューを書きます。日常から少し離れて、でも気軽に観に行ける映画はいいもんです。

刮目すべき写真家の生態(映画「Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代」より)

 

Don’t Blink(=まばたきせずに)と言われても、申し訳ない、何度もまぶたが下りてくるのと格闘しながら観ていた。

 

このドキュメンタリーは展開がはやい。

現像技師の話を聞いていたかと思えば別の友人や20歳で亡くなった最愛の娘の話になる。嫌悪がにじむほどの過去のインタビュー映像が切れ切れに挿入されたり、写真のカット、ロバートが撮った映画が流れては止まりまた流れたりする。

著名な歌手たちの曲がBGMとして聞こえ、とにかくお祭りドンチャン騒ぎのようなドキュメンタリーである。

 

 

観客は置いてけぼり。

悪くいえばそうなる。だが、これこそアーティストの生態を映した真の映画なのだ。

ロバートも「私が言いたいことは全て写真のなかにある」と言う。作品を生み出すアーティストに、その作品に対する丁寧な説明を求めるのは野暮ではないか。

 

つべこべ言わず作品を見よ。そこから何かを感じ取れ。

 

観客にこびない、あえて突き放すようなロバートのアーティスト気質を見事に体現した映画だといえる。

 

 

画面の切り替わりは多いが、『The Americans』が出版当初さまざまな批判を受け10年もたってから評価されるに至ったこと、移民であること、写真で生計を立てるむずかしさなど、ロバートの断片的な語りがやけに鮮明に頭にのこる。

 

 

写真を撮るとき、被写体がカメラを意識しない無防備な状態を狙うと彼は話した。

人間の本質をうつしとりたい、と。

私は映画のレビューを書くが、映画のなかで些細だけれどとても大事なワンシーンの瞬間を記憶にとどめ文章に書き起こす。

「一瞬をハンターのように狩る」という言葉は私の胸に刻み込まれた。

まばたきせずに目を凝らし、その一瞬を決して逃してはならない。

何かを生み出す人間にとって彼の言葉は教訓となりうるだろう。

 

 

Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代

Don’t Blink – Robert Frank/2015/米、仏/82分/テレビマンユニオン/ローラ・イスラエル

http://robertfrank-movie.jp/