読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事の紹介をします

 

今月、記事を載せていただいたtaomoiya雑文集14について紹介します。

 

 

イカした写真、というのが初見の印象。白い車のフロントガラスに反射しているネオンや看板。賑やかな街並みの音がきこえてきそう。ハンドルを握る運転手のすがたはなく、そのかわりダッシュボードの上に寝そべる…いぬ、?毛並みからして、犬だろう。「夜の街をブイブイ飛ばしてやるぜ!」くらいに堂々とし、間違いなくその車内はその犬が牛耳っている。ボスの風格だが、犬の視線の先には“神戸牛”の赤いのぼり。そりゃあ、食欲には負けるわな。(taomoiya雑文集14の表紙写真より)

 

 

と、いう風に、掲載記事をひとつひとつ紹介しようと思っていましたが、そうすると印刷期間が過ぎてしまう。とりあえず出来上がった表紙写真の紹介文だけ書いておきますね。

 

 

taomoiya雑文集14の印刷方法です。

全国のセブンイレブンにある複合機で【ネットプリント】を選び、【表紙:83794699/本文:49931040】を入力します。印刷代260円をチャリンと入れますと印刷されます。締め切りは3月22日(水)まで。今日までです。

 

 

記事は全部で5つあります。

 

五感で春の到来を味わいつくせる「いつものワタシとハルさんについてのすこし」

春一番のあとにほっこり暖かくなるような「樋口さんと10人の楽団が起こした奇跡(映画『東京ウィンドオーケストラ』より)」

誰かにオープンにする領域と自分だけが大事にする領域とのはざまを書いた「宝箱」

語り継がれるものは遠い遠いお話ではなく私たちと同じ市民の暮らしである「『最前線物語』という名の、もう1つの『この世界の片隅に』。」

ふと今食べているメニューについて考えを巡らす「麻婆豆腐」

 

 

春という季節はいつの間にかやってきていた、という感覚が多いわたしですが、ぽかぽかとした陽気はのんびりと物事を考える余裕をもたらしてくれるかもしれません。

見過ごしがちなものに優しく目を向けてみる。そんな季節なのでしょうか。

 

 

それにしても、春っていい季節ですね。