読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『白いリボン』(2009)<手紙>

 

 

 

 

※この文章には、映画の核心にふれる内容が含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長いスカートをゆらして歩くクララたち、そしてマルティンら少年たちが寄り集まって村を歩いていく姿が、恐怖とともに今も思い出されます。

 

 

 

誰が子どもたちをこんな風にしたのか。

 

 

 

父親、という身近で、逆らうことのできない絶対的な存在。帰りが遅ければ罰としてムチでたたかれる。”純粋無垢な子どもの心を忘れるな”と、腕に巻かれた白いリボン

 

 

 

身体的にも、精神的にも抑圧されることで、子どもたちは狂ってしまいます。

 

 

 

 

”罰”って、誰が与えるのでしょうか。

 

 

 

ドクターが落馬したり、男爵の息子・ジギが逆さづりにされたり、障がいをもった子ども・カーリーの顔面が血まみれになるほど殴られていたり。

 

 

 

村の大人たちは、”不吉な一連の事件”ってとらえてますが、

 

 

ちがうんですね、これ、

 

 

大人たちに向けた”罰”なんです。わたしはそう思いました。

 

 

 

 

クララの家みたいに、子と親の関係のほかに、男爵とか権力を持っている人と、貧しく雇われる側の人。

 

 

 

家も村自体も、誰かが支配している構図で、誰かが苦しまなければならない。

 

 

 

そんな構図がそもそも間違っている。その間違いへの”罰”、というか、警鐘なのだと。

 

 

 

 

 

また、子どもたちの話に戻ります。

 

 

 

親が(子に)罰を与える立場、っていうのが、だんだん変わっていきます。

 

 

 

子が、親(大人たち)に罰を与える立場になる。

 

 

 

その変容がこわいと思いました。

 

 

 

自分が行った悪いことは、自分の上に”罰”となってふりかかってくる、ということです。

 

 

 

そして最もおそろしいのは、狂気を生みだしたのは、まぎれもない自分たちなのに、当の大人たちはそのことに気づいていない、もしくは気づいても目をつむったことです。

 

 

 

希望はない、と思いました。

 

 

 

”罰”は繰り返されるだろうし、負のループはどこまでも続くのだと。

 

 

 

 

 

ラストシーンが象徴的でした。

 

 

 

教会に入ってくる大人たち。その2階で聖歌をうたう無表情の子どもたち。

 

 

 

抑圧される立場のはずの子どもたちが大人たちの頭上にいる。

 

 

 

 

いつでも”罰”が下せるように。

 

 

 

 

本当に、ぞっとしました。

 

 

 

 

白いリボン

Das Weisse Band-Eine Deutsche Kindergeschichte/2009/独、豪、仏、伊/144分/ツイン/監督:ミヒャエル・ハネケ/出演:クリスティアン・フリーデル