日常と映画と

映画も日常も、なくてはならないものです。

2016-04-22から1日間の記事一覧

絶望のなかの希望―『わたしを離さないで』(2010)

※このレビューには物語の結末が含まれております。 主人公のキャシー、トミー、ルースは、臓器提供のために生みだされたクローン人間である。数度の提供がすめば死をむかえ、その短い一生を終える。人間としてではなく臓器をもった道具のような存在にすぎな…